玉井昇のホームページ制作ブログ

商標になった玉井が創ったキャッチフレーズ

2017/12/05

玉井昇が命名した肩書き「聞き上手な税理士」菊地税理士事務所

 

こんにちは、玉井昇です。

燃える闘魂と言えば、アントニオ猪木さんですが
暴走王と言えば、どなたかご存じですか?

 
格闘家の小川直也さんのことです。

先日行われた柔道のグランドスラム東京大会2017で男子100キロ超級で優勝したのは、暴走王・小川直也さんの長男、小川雄勢さんでした。
暴走王Jr.と報道されていました。

 
 
世代を超えたキャッチフレーズ、言葉のチカラは凄いですね。

柔道のチャンピオンなので、暴走王というのはちょっと違いますが、強そうな印象を受けるのには異論ありません。

暴走王ジュニアさん、東京オリンピック期待大です。

燃える闘魂、暴走王、破壊王、東洋の神秘…

プロレスラーのキャッチフレーズは、短いのにインパクトがあり、ものすごくわかりやすい、伝わるコピーです。

一体、誰が考えるのでしょうね。
すごい才能です。

 

 
さて、このキャッチフレーズ、ビジネスにも大変役に立つものです。

あなたのキャッチフレーズは何ですか?

どういうわけか、自分の事を考えても、なかなかみつかりませんね。
それは情報が多すぎて絞りきれないためです。

 
先日、私の命名したキャッチフレーズが、クライアントさんによって商標登録されました。

私の命名したキャッチフレーズは、「聞き上手な税理士」

実際に創作したのは2010年なので7年前に作った代物ですが、なぜ今か?は置いておいて、気に入って使って頂いているみたいで安心しました。
7年使ってみて、自分のものになったのではないかと推察しています。
それともマネした人が現れたか…。

 
「聞き上手な税理士」命名の由来は、税理士の菊地さんのホームページを制作するときに、強みを発掘していて、その中で、他の人よりも自信があることは何か?
という話しになりました。

すると、「私は、何時間でも話しを聞いていられます」
顧問先の社長さんの話しを聞きだしているうちに社長さん自らが経営の問題に気づかれるそうです。
もちろんただ聞いているだけではなく、データを元に適切な質問を投げかけて問題解決に導くそうです。

閃きました。

「聞き上手な税理士」

 

自分の話を聞いて欲しい経営者には聞き上手な税理士は響きます。

 
ただ、このままだと、私も聞き上手な税理士です。

と言い出す人がいたときに、それは私のキャッチフレーズですと言うことができません。
キャッチフレーズは使っているだけだと守られていないのです。

そうなると、あっちにも「聞き上手な税理士」、こっちにも「聞き上手な税理士」、そっちにも…。
ということが起こらないとは限りません。

そこで商標登録して、独占的に使う権利を得るわけです。
商標として権利を持っていれば、他人がマネても、使用を禁止させることができます。
日本で「聞き上手な税理士」を名乗れるのは菊地税理士だけになります。

無用なトラブルを避けるためにも、顧客に混乱させないためにも商標を登録することは重要です。

権利は守りたいものです。

菊地先生に商標登録されるほど、気に入るキャッチフレーズを提供した

ホームページ制作はこちらです。
http://www.softplanning.com

 

私のホームページづくりは、あなたの強みを発掘して、わかりやすく伝えることを第一に考えています。
その過程で、キャッチフレーズも創造しています。

 
競争が激しくなって、集客が減って来たと感じたら、ご相談ください。

 

 
それでは、また(^^)/~

 

 

【菊地税理士事務所 HPより】
東京都 新宿区 早稲田にある税理士事務所、菊地税理士事務所です。
聞き上手な税理士がデータを元に社長さまとお話することで
ご自身の中にある会社経営の答えを引き出します。
どうぞお気軽にご相談ください。
菊地税理士事務所
http://www.kikuchitax.jp/

 

商標を登録することの重要性

菊地先生の代名詞となった「聞き上手な税理士」という肩書きも、
違う誰かが勝手に使うことができます。
そうなるとあっちにも「聞き上手な税理士」こっちにも「聞き上手な税理士」そっちにも…。

ということが起こらないとは限りません。

「聞き上手な税理士」を名乗れるのは自分だけにしたい。
そんなときに必要なのが商標です。
商標と登録しておけば、権利が守られますので他人が勝手に使っている場合、排除することができます。
日本で「聞き上手な税理士」を名乗れるのは菊地税理士だけになります。

無用なトラブルを避けるためにも、顧客に混乱させないためにも
権利は守りたいものです。

あなたにぴったりの肩書きをつくるホームページ制作はこちらへ

The following two tabs change content below.
玉井昇
1994年創業。96年よりホームページ制作業務を開始、現在までに2000件以上のホームページを制作。集客・マーケティングに特化した「顧客獲得に結びつくホームページ」で売上創造の機会を提供している。クライアントの魅力を掘り下げ、わかりやすく伝えるのが得意。顧客獲得のためのホームページ制作運用指導、WEBプロデュース、セミナー講師、コンサルティングが主な仕事。全国ネットのCS放送、日経CNBCスペシャル社長密着に出演。
お問い合わせ:TEL:0463-84-0958
お問い合わせ
このページのTOPへ